価格がもっと安いものでもいいんじゃないか?

母親が定年退職をしてからもう5年くらいが経ちます。

ずっとフルタイムで仕事をしてきた人なので、運動らしい運動はまったくしてきませんでした。

退職後はずっと家の中にいて、出かけるとすれば近所のスーパーに買い物に行くくらい。

そんな母が知り合いに誘われて「歩く会」みたいなのに参加したそうです。

運動靴さえ持っていなかったので、取り急ぎ運動靴だけ買って。

20人くらい参加していたそうで、その中に混じって初対面の人には自己紹介しながら歩いていたそうです。

ところが、思っていたよりも周りの人の歩くスピードが速いのだと。

30分も経つと完全に付いていけなくなり、残念ながら途中リタイア。

翌日から膝をはじめとするいろんな関節が痛くなり、日頃の運動不足を実感したそうです。

これが母がサントリーのロコモアを飲み始めたきっかけです。

ロコモア

新聞の折込チラシを見て申し込んだと。

そして、毎日ロコモアを飲んで、最低30分は歩くことを続けたそうです。

その甲斐があって、速いスピードで歩き続けることも徐々にできるようになったそうです。

しかし、半年くらい経った頃に、もうロコモアを飲むのをやめようかと思ったそうです。

理由は2つあります。

ひとつは、効いているのかよくわからないこと。

ロコモアを飲んで歩くことを続けたことで、以前よりも確実に歩けるようになりました。

しかし、これはロコモアの効果というよりも、自分が毎日歩くことで足腰が強くなったのではと思ったのだそうです。

もうひとつは、ロコモアを毎月買うことが負担に感じてきたこと。

ロコモアを飲み始めたのは、歩く会の仲間にグルコサミンのサプリメントを飲んでいる人が多かったからです。

母はたまたま折込チラシで見たロコモアが初回はお試しで1,000円で買えるということで始めたわけですが、べつにロコモアじゃなくてはダメというわけではなかったのです。

そして、毎月5,000円ちょっとの支払いが負担に感じてきたときに目にしたのが、イタドリの新聞広告でした。

イタドリ・1日3粒

まず、ロコモアに比べて価格が安いことに驚いたそうです。

イタドリは、送料を入れても毎月3,000円もかかりません。

1日あたりのグルコサミン摂取量は、ロコモアが1,200mgなのに対し、イタドリは1,000mgとそれほど違いはありません。

しかも、ロコモアだと1日6粒飲まなければならないのに、イタドリだと3粒でいいのです。

グルコサミンのサプリメントを飲んだからといって劇的に効果を実感できるものでもありません。

かといって、完全にやめてしまうのは不安があります。

そういうわけで、母はロコモアをやめてイタドリに変えたのだそうです。

私としては、ロコモアでもイタドリでもどっちでもいいと思います。

そういうのを飲むことで前向きな気持ちで歩くことに取り組めるようになるのが一番の効果だと思っています。

>>> 母が今飲んでいるイタドリの詳細(公式サイト)はこちら